エライ時にえらい事に~治療費用

人間ドック以来の精密検査行脚で、既に医療費5万円近く。およよ。
これから、鬼ほど検査もする事だし、早々に限度額申請書を発送しておきました。

ネットで入力できるんですが、ビミョーに入力しにくい。。。

任意保険は、まぁないよりマシって感じの保険しか入っておりませんでした。「高額医療限度額制度があるから不要」と割り切っての事でしたが、これからどうなるかな?後悔するかな??健康保険の限度額と傷病手当でなんとかなるかーと思ってますよ。今は。

ただ、今から決めている事として
1.全身PET検査はしてもらう→腰痛と肩こりが骨転移じゃない事を確認したい
2.抗がん剤を使う前には、乳がんの遺伝子検査(キュアベスト)をしたい

2は確実に自費診療。たぶん30万円くらい(涙)せやけど、必要かどうか分からん抗がん剤でゲロゲロなったり正常な細胞まで痛めつける事を思えば!っていうか、なんで自費診療なんよー

あと、節約できそうなのは、確定申告での「医療費控除」くらいかな。
※入院時生活療養費の付加給付は65歳以上だけ
※入院時食事療養費は負担分(1食460円)のみ支払い。

病気とはいえ、ボヤ~としてられません。
治療方法の選択はもちろんの事、その料金や保険について、分かりにくい制度の説明をじっくり読んで、どうすれば一番損がないか?を考えなくては!

それにプラスして

ワタクシ、衝撃的な事を転院先の主治医から言われました。

と言うのも
前回の診断結果。よーく見ると変な事に気付かれたでしょうか?

治療対象乳房が、途中から右→左に変わっとる!!
なんやねーん!!

右を左と間違えただけなのか?検体自体が私のではないのか?再度確認しに行き、訂正した紹介状をもらいました。

コロナで大変なんでしょうな~
執拗に責める気にはなれませんでしたが、「検体の取り違えじゃない事のエビデンス」「訂正分は封印前に私がチェック」はお願いしました。

しかし、前日に電話で事情を説明した時、事務員?の方が「紹介状を急いで用意したから」(→転院先の予約で担当医以外の先生に用意してもらった)と説明をされたが、病理結果から Left になってるから、紹介状云々は関係なし。この、しょうむない言い訳だけがピキッっときたかな。事務員相手に言ってもセンないから放っておいたけど。自分の落ち度の理由を、相手のせいにするかの様な説明は最悪だぞ。若い事務員。

この先、オペ入院も、付き添い・面会一切ダメ~
けっこう難儀な時期に発病しちゃったなー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました