沢登りへの道

沢登りの講習会で、岩登り練習2回目に行ってきました。

場所はいつも通り、JR生瀬から歩いて40分程度の蓬莱峡。8時30分に集合して歩いて向かいます。会長の指導でバスは使いません!フエ~

今回は、前回の復習と自己脱出、それにお遊びの岩登り。あと次回の沢登り実習までに揃えておくギアの説明。初めて聞く単語ばかりで覚えられな~い!以下覚書。

プルージックは、巻き部分を外側に出す事。巻き部分を持つと緩む。

エイトノットは、ひねって上から。ハーネスに繋ぐ時は、足の長さで作り、ハーネスは下から上に通す。ハーネス近くに結び目を持ってくる。ハーネスに来てる側から沿わし、末端は結び目近くに作る。

インクノットは、最初の輪を上に。半マストにすると懸垂下降に使える。

懸垂下降は思いの外、体重をかける。ロープ角度を操作する手はロープを放さない。


むむむ。来月読んだら自分でも理解できないメモやな(^^;

次回まで必要なものは以下。

シュリンゲ(120cm。セルフビレイ用)
安全環付きカラビナ(ハーネスのビレイループ用)
確保器(ATC、エイト環、ルベルソなど)
シュリンゲ(60cm)
プルージック用ロープシュリンゲ
タイブロック(PETZL)+適応した安全環付きカラビラ

おー。山道具屋に行って散財して来ますか~
次回はいよいよ沢実習!の予定だけど、寒くないと良いなぁ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました