やばい御在所岳!~ヴィア・フェラータ~

以前から行きたいなぁ~とは思っていたものの、シロートでは行けない御在所岳のヴィア・フェラータ。思いかけなくお誘い頂き、行く事が出来ました!

これは先輩。私には無理ですわ~

きっかけは、去年の晩秋に行った御在所岳ハイキング。

こちらは、まぁ裏道とは言え普通の登山道ですから、健康でそこそこ体力があれば楽しい岩場コースなのですが、途中道が不明瞭な場所がありまして、ウロウロしていた所を助けて頂いたのが、たまたま前後しながら歩いていたA氏。

古希をいくつか過ぎた方ですが、実にパワフル。そして御在所岳の守人の様で、そのまま頂上までご一緒して頂きました。「御在所に来ることがあったら、連絡しておいで」と連絡先も教えて下さいました。

こういう山でのご縁は大切にしたいもの。あまり間を空けないうちに…と、雪の無くなった時期を見計らって連絡したところ「じゃぁヴィア・フェラータで行きましょうか」とのお言葉。御在所マスターからお誘い頂くなんて、こんな絶好の機会を逃す訳にはまいりません!天気はイマイチですが決行です!!

裏道から出発。実は初めて。

これがウワサの藤内小屋

藤内小屋で、ヘルメットと前日の晩に急遽購入したハーネスを装着して、準備完了!

取付目印のウサギの耳

向かいの取付き。分かんないよ~汗

しばらくは藪漕ぎチックな道なき道。少しすると岩登りが出てくるけど、ここはモ●ベルがツアーで使う所らしく、安全な足掛け鐙が設置してあって、難易度ゼロ。

「こんな感じならハーネス要らなかったなぁ~」なんて思っていたら、とんでもない!鐙が無くなるともう登れない。「ロープお願いしま~す!」

教えてもらう足場に届かん!!

強引に登ったら、ズリズリ擦る~

ガスっていて高度感が無いけど、富士見尾根から難易度が急激にアップ。ビレイ無しでは無理だと思われます。

何て事無いと思われる岩も登ると怖い。「あ」と思った時には滑る!動けない!プチパニックです。

先行していたNAさんの「大丈夫!落ち着いて!」の掛け声で我に返る。いや~怖かった。パニックになると身体が動かなくなるってホントだわ。

ロープウェイ駅で昼食を食べて、下りは中道。途中から懸念していた雨が降り出して、急ぎ気味で下る。

御年70代後半とは思えぬA氏。

御在所岳は何度も登っていますが、今回は全く知らなかった御在所岳でした。Aさん他サポートで来て頂いた(と思われる)お二方に大感謝です。

普通に生活していると、絶対に巡り会えない方とお知り合いになる事できるのも、登山の大きな魅力。また行きたいな~

でも正直な所「こんなバリエーションは度々行くもんじゃないやね~」と思ったのも事実。
だって帰って見ると、足こんなだもの。
このジャンルは、程々にしときましょか~

コメント

タイトルとURLをコピーしました