北インドにひとり旅⑨~まとめ編

どうにかこうにか、無事に帰国しました。

北インドにひとり旅⑧~悶絶デリー編
アラフィフ独女が、2017/12~2018/01に個人手配で北インドに行ってきました。⑧ニューデリー~帰国編

今回は、そのまとめ編です。

スケジュール

2017/12/26 伊丹発成田経由→深夜ニューデリー着
2017/12/27 ニューデリー→ブッダガヤ
2017/12/28 ブッダガヤ→バラナシ
2017/12/29 バラナシ→アグラ(夜行列車)
2017/12/30 アグラに夕方着
2017/12/31 アグラ→チャンドバオリ→ジャイプール
2018/01/01 ジャイプール→ニューデリー
2018/01/02 ニューデリー沈没
2018/01/03 ニューデリー→成田経由伊丹着

移動手段

国際線:ANA
ニューデリー→ブッダガヤ:エア・インディア
ブッダガヤ→バラナシ:エア・インディア
バラナシ→アグラ:夜行列車
アグラ→チャンドバオリ→ジャイプール:ローカルバス乗継ぎ
ジャイプール→ニューデリー:特急列車

宿泊

ブッダガヤ:A Bowl of compassion- Charity Backpackers
→Booking.comで予約。2Bedシェアルーム。共同バス・トイレ。朝食付。Rs.200
マホーボディ寺院徒歩圏内。長期滞在向きの安宿。

バラナシ:サンタナバラナシ
→HP直接メール予約。バラナシにある日本人宿。ドミトリー。朝食付。Rs.200
空港送迎はRs.400。ガンジス川に近く、日本人スタッフがいるので快適。

アグラ:Hotel Sai Palace
→Agodaで予約。朝食無し。バス・トイレ無しでRs.400(実際は有り部屋に案内された)タージマハルに近い宿。屋上のレストランからタージマハルが見える予定だったけれど、霧で何も見えなかった。

ジャイプール:Hotel Pearl Palace
→Booking.comで予約。プライベートルーム。朝食無しでRs.1950
ジャイプールで人気No1じゃないでしょうか?評価通り良いホテルでした。屋上のレストランも味・サービス共にGood。オススメ。

ニューデリー:COTTAGE YES PLEASE HOTEL
→HPで直接メール予約。ニューデリー駅23時にアテンドが欲しくて、シゲタトラベル経由にするため予約。本当は安い日本人宿が良かったけど、急病になり結果助かった。色々噂はあるけど、私は変にニコニコしていない分、誠実だと感じました。

費用

航空券(国際線):約9万円
航空券(国内線):約1万円
列車:約4000円
宿泊代:約1万円
食費:約3000円
他移動費:約3500円
観光施設入場料:約3500円
医療費:0円(約2万円だったけど、保険で後日カバー)

合計 約130000円

まとめ的な感想

予想通り、ヤラれちゃいました。お腹弱いのでね~そういう意味でインドは後回しにしてきたのですが。海外で急病って大変ですな。
しかし、思っていたより酷い目には遭わなかったというのが率直な所。運が良いのか、私が「関西のオバちゃんとして完成された」からなのか。

事前にネットで調べていたよりも、悪い感じじゃないと思いました。むしろ、バリバリ先進国の「一言間違っただけでメチャメチャ叩かれる」ピリピリ感がなく、ゆる~い不便さの中で譲歩しあう利便性を感じました。

ある時オートリキシャに乗っていると、シートを杖で「バンっ!」と叩かれ、見ると、ヨボッヨボのお婆ちゃん。オートリキシャは止まって、婆ちゃん乗り込む。で3分程で降りる。特に料金は払って無いようでした。

高齢になれば、僅か500mでも歩くのは辛いのでしょう。そんな時はその辺のオートリキシャが「ちょっと」使えるのです。

先進国の様に「停留所以外では乗降できません」も理由があっての事だと思うのですが、「融通が効かない」と思うのは私だけでしょうか。社会が成熟していく事を逆戻りするのは出来ないと分かっていますが、この「ちょっと融通」が、昨今の高齢ドライバー問題の解決の糸口になるのではないかと思いました。

さて。結局のところ、私は「インドに行けるヤツ」だったのでしょうか?いや、もう行ったんだもんね。「行けたヤツ」でしょ。

しかし、目玉のタージマハルとガンジス川がコレですよ。

つまり私は「インドに呼ばれてないヤツ」だったのですね。チャンチャン!

おつかれっしたー♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました