北インドにひとり旅⑧~悶絶デリー編

お決まり観光地ジャイプールとは言え、天気も良く、全て自力で回って満足♪しかし、特急列車でデリーに向かったあたりから雲行きは怪しくなり…

北インドにひとり旅⑦~ジャイプール観光編
アラフィフ独女が、2017/12~2018/01に個人手配で北インドに行ってきました。⑦ジャイプール編

やっとこさポーターを追い出した後は、すぐさまトイレ直行。でも上からなのか下からなのか、分からない!!どっちも気持ち悪~い(涙

2時間ほどトイレに入り浸って、何とか落ち着くも、パワーゲイジはZERO。今日は何も出来ないなぁ~というか部屋から(トイレ側から)離れるのはイヤ~なくらい不安。あ~インドの洗礼、受けてるなぁ~

明日の夜には帰国便に乗り込む予定なので、このままではイカン!と病院に行く事を決意しました。しかしですね~時間は深夜2時。さすがに救急車なぞは呼べませんので、とりあえず事前にLINEを聞いていたシゲタトラベルに”助けて~”のメッセージを入れて返信を待つ事に。

この辺り、本当にラッキーでした。他日程は完全個人手配の宿泊でしたが、今日に限って日本人相手のトラベルエージェント(シゲタトラベル)が関わってたんですね。イヤ、病気にならないのが一番ラッキーなんですが。不幸中の幸いと言った所でしょうか?

8時くらいに「10時になったら、ホテル1Fにあるシゲタトラベルのカウンターに来い」と返信がありましたので、時間までベットで悶絶。10時少し前に貴重品だけをもって、ヨロヨロと1Fへ。

その後は、病院の事や帰国の手はず(ホテル延泊とタクシー)はシゲタさんの言われるがままにして、とりあえず近所の診療所に連れて行ってもらいました。と言っても、現地の兄ちゃんが歩きで先導してくれるだけなのでツラかったんですけど。兄ちゃん、歩くの速い~

診療所では、片言日本語のお医者さんが「保険は入っているか?」「保険会社に電話したら今現金は要らないので電話しろ」ん~??意識が朦朧としているなかでのヤリトリがホント辛い。

今回私は現地のSIMを日本で購入していったのですが、それはデータ通信オンリー。通話はできません。ネットをするにはバッチリ使えましたけどね。

すると先生の携帯を貸してくれるんだけど、カード記載の電話番号で繋がりません(涙)「ちゃんと保険は適用される」「今は現金で払う」と説明して点滴開始。
あ~あ~こんな事なっちゃったよ~と思いながら、瞼が落ちてくる前に、何とか貴重品を身体に巻き付けて、沈没。。。

結局、2時間~3時間程寝てたみたいですが、日本語の話し声で目が覚めました。近所の日本人宿のスタッフ男子が調子の悪くなった客を連れてきたついでに、先生が私の保険会社に再度電話するように頼んだみたい。

でも結局の所、取次ぎの電話受付はやってるけど、保険会社自体が正月休みで今は対応できないって。正月って海外旅行がめっちゃ多いのに、そこで休むんだったら海外デスクの意味あるんだろか???

で、このスタッフ男子に聞くと「ボク、4日連続でココに通ってますよ(笑)皆調子悪くなりますよ~半年住んでるボクも慣れないです~」と。どうも「何かにあたる」というのでなくてもインドの強い香辛料が続くと日本人の胃腸はヤラれるみたい。なるほどね~

しかし、やはり病気の時は心細くなるモノですね。スタッフ男子と話して大分落ち着きました。飲料水も頂いちゃって、ありがたかったです♪

点滴が終わって何とか行動できるくらいまで回復したので、近所のATMに案内してもらいキャッシング。薬と領収書(←コレ大事!)を現金払いで頂きました。Rs.8000

宿に戻る道は当然覚えていないので、先生が近所の坊主に案内させたのですが、このクソ坊主達。宿についたら「Rs.400」アホか。チップにしても高すぎるやろ。

安易な日本人旅行客から貰った事があるんやろな~そういうの「気前が良い」じゃないでしょ。この子達をダメにするだけやん。笑って「バイバ~イ」しましたよ。

宿に戻ったら、もう16時。調子は戻ったけれども、もう日も暮れるし、どっこも行けません。あ~あ~観光局がやってるバスツアーに乗って…とかガンジーのお墓行って…とか色々考えていたのになぁ~

悔しいので、ホテル周りを少しだけでも散歩する事に。とりあえず空腹を満たすためにバナナとリンゴを購入。結構ボラれたRs.60

日暮れも近いし現金も少ないし、どうしよっかなーと思っていると、少年達がやっているヘナ発見。お~コレは丁度良いではありませんか。

いやね。こんなデッカくするつもりは無かったんですよ。もっとこうワンポイント的にするつもりだったんだけど、少年達がヘナの色だけ聞いて書き始めちゃうんですよ。「デザインは聞かないの?」と言うと、自分の頭を指差して「イメージ!」と。ふーん。

途中、チャイも奢ってくれる好待遇。で30分程で出来上がり、請求額はRs.800。はぁ~??そんな持ってないわな。

どうも書いた面積で金額が変わるらしい。はっは~ん。それでデカく書いたのやな。なるほど。

でも無い袖は振れません。有り金はRs.300ですから、それを払ってバイバイしました。なんやゴチャゴチャ言ってたけど、しつこくは無かったですね。その辺はまだ子供だったので助かりました。

そして宿に帰ろうと思ったら、さぁ分からない。すごーく道がゴチャゴチャしてるんですよね~。一応 Maps.ME があるので大丈夫だろうと思いながら、ウロウロしてたんですが、どこからともなくオッチャン(おじーちゃん?)が現れて「案内してやるよ。ついてきな!金は要らないぜ!」だって。ホントかな?

で、なんかホテルに連れていかれたんですけど、違~う。そう言ったら、近くの人に質問するオッチャン。知らんのかいな。

結局オッチャンと二人でウロウロして、正しい宿に到着しました。特にお金を請求される事もありませんでした。オッチャン、本当に親切なだけだったのね~ありがとう♪

その後は大人しく、チェックアウトしてタクシーで空港へ。この時、予定外のタクシーや延泊Rs.4000の領収書をシゲタさんから貰っておきました。これも後々役に立ちました。

ニューデリー空港では、楽天プレミアムゴールドカードで入れるプライオリティラウンジが豊富。

料理もホットミールで多種類!生ビールもある!と楽しみにしていたのですが。。。

お水とリンゴジュースだけですわ。無念!

でも成田のラウンジでは、「胃をアルコール洗浄!」とか言って缶ビールを1本だけ。

その後、無事伊丹に到着して帰宅。帰ってからのお茶漬けが最高に美味しかった。あぁ日本っていいなぁ~

次回、スケジュールと予算のまとめで、インド最終回です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました